ルーターを換えてイライラが解消した

 先月末からインターネットに接続するのがやけに遅くなった。NTTの回線工事で速度が向上したと喜んでいたら、それもつかの間で工事前より遅くなった。
 有線ルータに常時3台つなぐ負荷だと思っていたが1台でもやけに重い。子どもたちもイライラしてあれこれ首をひねったが解決しない。NTTの工事前からインターネットを接続するたびにエラーが出ていたのが気になる。

「インターネットエクスプローラー8やVistaのサービスパック2にしたからいつものとおりソフトが重くなったんだよ」とウインドウズXPファンの息子が言えば、
「父さんやあんたが余計なことばかりするからわたしのブログが開かないわ」と娘も八つ当たりする。
 愛用しているGooやBIGLOBEのトップページが開くまで3分もかかり、ブログの管理画面が開けないこともある。
 おまけにRSSが見当たらないとか、開けないというメッセージが飛び出すのも不快だ。
 しかたないのでGoogleにしたが文字だらけの画面は味気ない。

 そこで今日は新しい有線ブロードバンドルーターを購入した。前のルーターとの違いは「スループット」値が80から92に変わったぐらいだ。
 ノートパソコンに近所の漏れ電波が入るから無線LANは使いたくないので今回も有線である。
 メーカーが異なるから設定の手順は違うもののBUFFALOの説明は丁寧でわかりやすかった。
 15分程度で作業が終了したが、インターネットの接続は以前よりもずっと速くなって息子も娘も満足している。

「おれの小遣いからひねり出したんだからおまえたちも負担しろ」と言えば子どもは知らぬ顔である。
「なおっただけで良いじゃない。一人だって同じお金が必要だから・・・」と娘が居直るのはいつものことだ。
「リナックスをインストールするなら参考書があるよ」と息子がわたしをそそのかすのも困ったものだ。
 そんな話題についていけない妻は呆れて口も出さない。 2009/06/09
 

この記事へのコメント